アガサッポとは、スペイン語で「もてなし・歓待する」という意味です。鞄作家、德永 恵 [Megumi Tokunaga] の革の世界を1994年から“Agasajo” (アガサッホ) [スペイン語 : もてなし、歓待する] 流に表現。現在、北鎌倉の工房で自然の動物の皮から「革」になった素材を相手に制作致しております。また、レザーの1枚ずつの形を生かすためのバッグを作り上げる事をしており、一作ごとの表情もすべて個性が違い、同じ物はございません。そして、命名カードが付けられ、德永が生みの親になったバッグ達は、嫁ぎ先が見つかるための出会いを待っております。作り手と使い手が、家族付き合いのようなコミュニケーションが出来る事を心から願っております。I, Megumi Tokunaga, have expressed my perception of leather as an artist through Agasajo (Spanish): hospitality; warm welcome. Currently, I make an array of leather art pieces in my studio in Kamakura. Taking a raw piece of animal skin in my hands is the beginning of my artistic journey. Leather has a story of its own. Each one is different. I am inspired by whimsical ideas that come up the moment I touch the raw material.

営業変更のお知らせ♪

2018年1月の営業より、新しい提案をさせて頂く事に致します。つきましては、下記の内容にて営業致しますので、宜しくお願い申し上げます。

1)営業日の一般公開時間は、13:00〜16:00までと致します。
カレンダーの営業日をご確認頂き、直接ご来店下さい。

2)ご予約のお客様を1日一組に限り、貸し切りで作品をご覧頂ける時間を設ける事に致しました。
10:00〜12:00までの2時間貸し切りです。
お電話でのご予約を「当日の2日前」までにお願い致します。先約が入っている場合は、他のお日にちにご変更頂く場合がございますので、ご了承下さい。

以上、作家としての制作活動に置いて、鞄制作に当てる時間を確実に確保するための一歩と、ご理解頂きますように宜しくお願い致します。また、観光地という場所柄、「鞄」と全く関係のないお客さまが年々増えており、アガサッホのお客様への配慮が遅くなりました事、心からお詫び申し上げます。これからは、ゆっくり納得いく時間をアガサッホでお過ごし下さい。遠方から来られるお客様は、特にご予約頂けると徳永も嬉しい限りでございます。進化して行くアガサッホを作品とともに提案していきたいと思っております。本年も、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

2018年1月1日
德永 恵