アガサッポとは、スペイン語で「もてなし・歓待する」という意味です。鞄作家、德永 恵 [Megumi Tokunaga] の革の世界を1994年から“Agasajo” (アガサッホ) [スペイン語 : もてなし、歓待する] 流に表現。現在、北鎌倉の工房で自然の動物の皮から「革」になった素材を相手に制作致しております。また、レザーの1枚ずつの形を生かすためのバッグを作り上げる事をしており、一作ごとの表情もすべて個性が違い、同じ物はございません。そして、命名カードが付けられ、德永が生みの親になったバッグ達は、嫁ぎ先が見つかるための出会いを待っております。作り手と使い手が、家族付き合いのようなコミュニケーションが出来る事を心から願っております。I, Megumi Tokunaga, have expressed my perception of leather as an artist through Agasajo (Spanish): hospitality; warm welcome. Currently, I make an array of leather art pieces in my studio in Kamakura. Taking a raw piece of animal skin in my hands is the beginning of my artistic journey. Leather has a story of its own. Each one is different. I am inspired by whimsical ideas that come up the moment I touch the raw material.

居心地の良さ♪

作品NO.171119
作品名:「居心地の良さ!」
アイテム:手提げ(A4ファイル対応サイズ)
カラー:黒
素材:カーフバッファロー革(水牛の赤ちゃん)×ピッグスウェード革(裏地)×ナイロン素材(裏地の一部)
上代¥160.000-(外税)
サイズ:26×39×4cm(縦×横×マチ幅)

人間も物も何となく居心地の悪い空気を感じると、なるべく関わりたくないと避けてしまいたくなる事、多いですよね・・。鞄も、一日物を入れて持ち歩けば、手が痛くなるような物は好きになれないはずですが、諦めて『鞄に期待しても仕方ない』くらいの価値観で違和感を持ったまま、使い続けている・・。是非、まず素材の優しさを知って頂きたい。水牛の赤ちゃんの水染めは、手袋用で傷が直ってしまいます。そして、今回は中に大きな収納ポーチを内蔵させて、口を閉めなくても気にならない物入れを付けました。そして、外には文庫本がすっぽり入るポケットまで付いていて、いざとなれば、口元が見えないレザースカーフまで付いています。デザインは、何も付いていないシンプルな面と、女性的なギャザーの面とイメージを変えて持つ事が出来ます。新しい手提げの提案で、中も鮮やかなピンクで初めての挑戦です。