アガサッポとは、スペイン語で「もてなし・歓待する」という意味です。鞄作家、德永 恵 [Megumi Tokunaga] の革の世界を1994年から“Agasajo” (アガサッホ) [スペイン語 : もてなし、歓待する] 流に表現。現在、北鎌倉の工房で自然の動物の皮から「革」になった素材を相手に制作致しております。また、レザーの1枚ずつの形を生かすためのバッグを作り上げる事をしており、一作ごとの表情もすべて個性が違い、同じ物はございません。そして、命名カードが付けられ、德永が生みの親になったバッグ達は、嫁ぎ先が見つかるための出会いを待っております。作り手と使い手が、家族付き合いのようなコミュニケーションが出来る事を心から願っております。I, Megumi Tokunaga, have expressed my perception of leather as an artist through Agasajo (Spanish): hospitality; warm welcome. Currently, I make an array of leather art pieces in my studio in Kamakura. Taking a raw piece of animal skin in my hands is the beginning of my artistic journey. Leather has a story of its own. Each one is different. I am inspired by whimsical ideas that come up the moment I touch the raw material.

アガサッホの鞄とは?

こんにちは!

「アガサッホの鞄って?」について、現在の率直な気持ちをここでお伝えしたいと思います。

まず、一つは、ファッションではなくて、使い手にとって、長く愛着がわく物入れを提案したいと思っております。そして、身体に優しい、心地よい手触りや装着感です。材料は、レザーのみです。

次に、作り手である徳永のサイン入りの作品に関しては、德永の手ですべてお直しが出来る様に作ってある事です。ですから、オーバーフォールも承っております。

3つ目は、販売に関しては、德永の手から直接お渡ししたいと思っており、北鎌倉にお越し頂く事を条件に販売致しております。遠方の方ですぐご来店出来ないお客様に限り、ご入金頂いて、「おとり置き」も承っております。売約済みと言う形です。

4つ目は、同じ物は作らない。作れない。レザーは、1頭ずつ動物の肌のしわや柔らかさも違い、形も違います。よって、すべて一点物です。

5つ目は、あくまでも「作品」なので、オーダーは致しておりません。出来上がった物を実際見て頂いて、気に入った方が購入すると言う、絵画をお売りする感覚です。但し、お買い求めになる方に直接持って頂いて、肩紐の長さなどは、お直しを致しております。フィッティングをした時に、身体にフィットするように、鏡を見ながら、お客様とお話をさせて頂きます。

6つ目は、お代金のお支払いは、現金かカード払いとさせて頂いており、消費税に関しては、現金でお支払い頂いております。よって、カードでご購入の際には、消費税分の現金をご用意下さい。また、代金を配達荷物と受け取るコレクト便は、ヤマト運輸さんで手配出来ます。その際、送料、代引き手数料などは、お客様にご負担頂いております。

以上、ホームページ上で具体的に申し上げる事をしていなかったようなので、改めまして、ご案内申し上げます。

2016年、6月吉日

北鎌倉アガサッホ
鞄作家 德永 恵