アガサッポとは、スペイン語で「もてなし・歓待する」という意味です。鞄作家、德永 恵 [Megumi Tokunaga] の革の世界を1994年から“Agasajo” (アガサッホ) [スペイン語 : もてなし、歓待する] 流に表現。現在、北鎌倉の工房で自然の動物の皮から「革」になった素材を相手に制作致しております。また、レザーの1枚ずつの形を生かすためのバッグを作り上げる事をしており、一作ごとの表情もすべて個性が違い、同じ物はございません。そして、命名カードが付けられ、德永が生みの親になったバッグ達は、嫁ぎ先が見つかるための出会いを待っております。作り手と使い手が、家族付き合いのようなコミュニケーションが出来る事を心から願っております。I, Megumi Tokunaga, have expressed my perception of leather as an artist through Agasajo (Spanish): hospitality; warm welcome. Currently, I make an array of leather art pieces in my studio in Kamakura. Taking a raw piece of animal skin in my hands is the beginning of my artistic journey. Leather has a story of its own. Each one is different. I am inspired by whimsical ideas that come up the moment I touch the raw material.

七夕のイベント「きらきら 、鞄を磨きます♪ 」

<主旨>
アガサッホのレザー鞄(お使い頂いているものでレザーの表面が乾いているもの)を、德永がその場でメンテナンスして差しあげます。お持ちください。(お一人様1点限り♪)七夕のきらきら光る星に願いを込めて「長生きしますように!」という気持ちを込めて頑張ります。(親ごころで無料♪)

<対象>
アガサッホレザーバッグをご持参下さい。(年数は関係なく、自分なりに使い込んでしまって疲れているもの)
また、vintageのバッグを実際目にするチャンスでもありますので、今後ご購入をお考えの方にも是非ご来場頂きたいです。目の前にある鞄が、実際どのように生き返るかお見せいたします。(生き返った鞄撮影のご協力お願い致します。)

<日時・場所>
令和元年 7月7日(日)11:00〜16:00まで(鞄受付15:00まで)
北鎌倉アガサッホにて
*当日のアガサッホ駐車場はお使い頂けません。ご了承下さいませ。

<親睦会> 16:00〜18:00まで(北鎌倉アガサッホにて)
お集まり頂いた方々と、楽しいひと時をお過ごし頂きます。生の歌声(山口愛さん)をお聞き頂けるサプライズを企画致しております。プロの歌姫の声にぜひ魅了されて下さい。

<友情出店>
冷たいお飲み物をプロのセレクトでその場でお飲み頂けるように、高橋景子さん(ワイン・ラバーズ・ファクトリー)にお願い致しました。是非、アガサッホの庭で初夏を満喫して頂きたいです。もちろん、オーガニックジュースなどもございます。

*お直し鞄などは、別の機会にお持ち頂きますようにお願い致します。今回は「磨く」がテーマです。